2016年6月3日

職業体験ボランティアで羽黒高等学校さんへ行ってきました!

こんにちは!花鳥風月です。

今回、「あきんどまなか」さんという活動グループを通して、職業体験イベントへの参加にお声がけいただきました。

「あきんどまなか」さんは、進路を決める前の高校生に地元で働く魅力を伝え、地元就職と進学後のUターンの就職の増加を目指し、活動しています。

こちらの団体様の
[庄内で活躍する人達の熱い想いと、ふるさとの魅力を高校生に伝えていきたい]という想いに賛同し、こちらの職業体験イベントへ参加しております。

庄内の若い人たちを育てるこの活動には、花鳥風月も大変賛同させていただいております。「働くことの疑似体験」をしてもらうことで、将来的な職業選びのひとつの参考にしてもえれば・・と、今回の就職体験も喜んでご協力させていただきました。

参加企業28社、参加生徒数273名という大規模なイベントでしたが、参加者の皆様の真剣な取り組み・主催者・参加企業及び関係者の皆様のお陰で、無事開催することができました。

これをきっかけに地元就職に少しでも興味を持ってもらえたらと思います。

WAKUWAKU WORK 2016 の様子をご紹介します!

img_2016_haguro6

実際に高校生の皆さんにしてもらったことは、「麺あげ」「煮干しのはらわたとり」などの仕事です。高校生でもできるであろうことを抜粋しましたが、食材の下処理は地味ながらも味を左右する大事な工程です。img_2016_haguro2

出汁をとる食材の下処理。この表からは見えない工程をいかに丁寧にするかで、スープの味が全然違います!

img_2016_haguro3

「麺あげ」はわずかな時間の見極めと湯ぎりが大事!お客様が召し上がる時点で調度良い堅さになるように、麺をあげます。もちろん「湯」をしっかりきらないとスープの味が変わってしまうので、湯ぎりをしっかりと!

img_2016_haguro4

比較的に高校生の皆さんと年が近いスタッフ。熱心に教えています。
本人にとっても良い経験となったことでしょう。

img_2016_haguro1

好きなことを仕事に。そして夢や目標を持って!

生徒さん達に私からお伝えしたことはふたつあります。

ひとつめは、楽しい、好き、興味のあるものを見つけて仕事にする、ということです。

就職する前は、不安だと思います。

そして、仕事をしていれば、誰だって壁にぶつかることがでてきます。

でも、好きという気持ちが強ければ、その壁は必ず乗り越えられます。

ふたつめは、夢や目標を持つということです。「こうしたい!」という目標を持つと、たとえ大変なときにでも、つらいと思わずに前に進むことができます。

自分の「こうしたい!」「こうなりたい!」を達成するためになら、どんどんエネルギーがわいて頑張れます。

ちなみに、私の目標は全国の三大ラーメン「札幌 喜多方 博多」に「酒田」が加わるまで、「酒田ラーメン」を全国区に発信し広めることです。

この夢があるから、大きな力で前に進んでいけます。

羽黒高等学校の生徒さん達には、こういったことをお話しました。

仕事選びの役に立ててもらえたら嬉しいです

今回職業体験された生徒さんの中にも、地元に就職することを選択する人がいるでしょう。今回の職業体験が、仕事選びの役に立てたらとても嬉しいです。

羽黒高等学校の皆さん、そして一緒に参加させていただいた庄内の企業の方々、ありがとうございました!

これからも、職業体験にはどんどん参加していきます!